【スープジャーで】簡単かぼちゃのクリームパスタ

500mlスープジャー(コンテナ)で作る簡単かぼちゃのクリームパスタです。コロナウィルスが流行している今、カボチャで感染症への抵抗力をつけましょう。茹で汁のとろみを使うのでクリーム不要!豆乳か牛乳があればOK!保温調理で作れるの朝ごはんにも嬉しいレシピです!


■目次

 



■料理の紹介

 


濃い目のかぼちゃにベーコンのクリームパスタ。正確にはクリーム風なんですけどね(笑)
スープジャーで保温調理したパスタは、茹で汁に出るとろみがそのままなので、勝手にクリームパスタのようになってくれるんです!

下ごしらえしたら後は30分前後保温するだけ。
その間に顔を洗ったりシャワーを浴びたり、色々できちゃうので、朝ごはんにも、帰宅直後にも嬉しいスープジャーレシピです。

◆感染症にはかぼちゃ

 

コロナウィルスが流行しています。感染症に有効だと言われる野菜がかぼちゃです。
聞いた事ありませんか?『冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない』って。
かぼちゃの黄色のようなオレンジのような、あの色を見るとβカロテンが豊富だとわかります。
これが体内でビタミンAに変わり、粘膜や肌を守ってくれるのです。
▲目次へ戻る

◆相乗効果で抵抗力

 

ビタミンEを多く持つかぼちゃは、ビタミンCも持っています。ビタミンEとCを同時にとれるこの野菜は、CとAの持つ抵抗力を底上げします。
かぼちゃの持つカロテン、ビタミンE、Cは程良いバランスでたくさん含まれています。インフルエンザやコロナのようなウィルスが流行している時こそ食べるべき野菜です。
▲目次へ戻る

◆B群も持つカボチャ様(笑)

 

糖質をエネルギーに変える際、必要なのがビタミンB1。そして糖質、タンパク質、糖質の代謝を促進する働きを持つのがビタミンB2です。
カボチャはビタミンB群もしっかり持っています。
▲目次へ戻る


■関連ページ


▲目次へ戻る


気に入っていただけたら応援をお願いします。


■材料

 


※ショートパスタ約75〜80gで1人分

  • 豆乳ソースの材料

     

    • カボチャ…1/4カット
    • 玉ねぎ…1/8カット
    • ベーコン…1/2枚
    • 水…小さじ1杯半
    • 豆乳又は牛乳…400mlぐらい
    • 粗塩…小さじ1/3〜2/3
    • きび糖(砂糖可)…大さじ1
  • その他の材料

     

    • ショートパスタ(写真のはフジッリ)…加熱時間10分前後で売られている物を75〜80g(おたま2杯半ぐらい)
    • パセリのみじん切り…少々
    • 塩とコショー…少々
    • [好みで]キューブチーズ…1〜2個

▲目次へ戻る


■作り方

 


  1. 準備

     

    1. スープジャーは事前に5分以上温める必要があるのでお湯を沸かします。
    2. スープジャーのMAXより1cmほど下になるまで水を入れます。その水をそのまま鍋に入れ、完全にグツグツと煮立つまで湯を沸かします。
    3. 湯が沸いたら、スープジャーに入れて(ふた)をます。
    4. ショートパスタを計っておきます。
    5. パセリはみじん切りにしておきます。
  1. 豆乳ソースの作り方

     

    1. 玉ねぎの皮を取り、粗みじんに切ります。切り終わったら、フライパンか小鍋(以降小鍋と表記)に入れます。
    2. かぼちゃの種を取って、包丁で皮を落としながら1cmぐらいの角切りにします。
    3. かぼちゃをざるに入れて流水で洗って水に濡らします。これも小鍋に入れます。
    4. ベーコンを食べよくスライスし、これも小鍋に入れます。
    5. 水をふりかけてしっかりと蓋をし、少し強めの弱火で、水気が無くなるまで火を通します。
    6. 水気が無くなったら蓋を取り、豆乳を加えて中火にし、塩ときび糖を加えます。
    7. 豆乳が沸き始めたらとろ火にし、混ぜながらかぼちゃを潰すかほぐします(ザッとで)。まだ固くて潰せない粒は、盛り付けるときに潰すのでそのままで。
    8. ショートパスタを加えてひと混ぜしたら火を止めます。
  1. 保温調理

     

    1. スープジャーの蓋を開けて保温用のお湯を捨てます。
    2. ショートパスタと豆乳ソースをジャーに入れます。全部入りきらない場合があるので、液より具を優先して入れるようにしてくださいね。
    3. 豆乳ソースをMAX位置まで入れ終わったら、直ぐに蓋を閉めて30分(10分前後茹でるパスタでこの時間)を目安に保温します。
  1. 盛り付け

     

    1. 保温調理している間に、キューブチーズを1cmぐらいの角切りにしておきます。
    2. スープジャーの中身を1度ボウルに出し、かき混ぜながらかぼちゃの粒を潰すかほぐします。かぼちゃ味が好みの濃さになったら潰すのをやめ、後は具に残します。
    3. 味見をして、塩とコショーで味を整えます。
    4. 好みでチーズを混ぜ、用意した器に盛り付けます。
    5. 最後にパセリをふりかけて完成です。

▲目次へ戻る


■ポイントやコツ等

 


  • かぼちゃ多めにしてあるので、好みの濃さになるまでかぼちゃを潰すかほぐすかすればOKです。残りは具として食べます。
  • スープジャーやパスタの種類によっては、火の通りが悪い場合があります。持っているスープジャーのくせを掴んで、保温は横に寝かせて時々転がす等の工夫をしてください。
  • スープジャーの臭い移り防止に、クッキングシート(オーブンシート)を使うと良いです。

    香りの強い物は、内蓋にラップをかけると臭い移りが防げます。
    変形の恐れがありますので、手持のスープジャーの説明書を読んで工夫してください。
  • スープジャー用ポーチが無い場合、保冷できるタイプのショッピングバッグやお弁当ポーチに入れると、温度の下がりを少し遅くできます。

    厚手のショッピングバッグやお弁当用バッグに入れるだけで、効果が上がります。
    袋が大きい場合は、タオルで巻いておくと尚良いです。

□作り方タイムスケジュールの例

 

  1. 準備
  2. 豆乳ソースの作りの作り方5までやる。6に行くまでの間に洗顔。
  3. 豆乳ソースの作り6保温調理の2までやって、シャワーを浴びたり、髪をセットしたり、メイクをしたり…etc
  4. 盛り付けをして食べる。

▲目次へ戻る